青地(道)、赤地(道)、白地、ドロ場地

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

現状も公図上に存在するものの、公図上では地番の記載がない土地の呼び名。

これらの呼び名は公図として使用されていた字限図(あざぎりず。字図または字切図ともいい、一部の地域では現在でも公図として使用されている)を起源としている。

字限図には、河川や水路が水色で、道路が赤色に塗られていて(これらの他に、旧国鉄用地が黒で着色されているものなどもある)、宅地、農地、山林・原野等は色が付けられていない。

青地(あおち)(青線ともいう)とは河川または、水路(河川等の敷地であった土地を含む)の敷地をいい、赤地(あかち)(赤線ともいう)とは道路(道路の敷地であった土地を含む)の敷地をいう。
白地(しろち)とは、現状は宅地、農地、山林・原野等であるが、公図上は着色されておらず、地番の記載もない区画をいう。
また、ドロ場地(どろあげち)も白地の一種であるが、水路等に溜まった土砂を除去する際の土砂貯留用地で、水路にそって細長く続いている(字限図で見ると、青色に着色された水路にそって細長く続いているため区別できる)。

これらの土砂はいずれも国有地であるため、払下げを受けるには、道路等については用途廃止等の手続きを経る必要がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

text by