アウトフレーム工法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

マンションの建築工法。

柱や梁などの主要構造物を室外に出す設計をいう。

過去には柱や梁が室内の一部に存在することにより内壁面や天井面が複雑な形のマンションが多く供給されたが、アウトフレーム工法の採用により、廊下または、バルコニーに柱や梁を出すことで室内の美観が改善し、家具の配置の自由度が高まるなど空間を有効に使えるメリットが消費者に支持されて、分譲マンションでは一般的な工法となりつつある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

text by