基礎

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

建築物に作用する荷重及び外力を安全に地盤に伝えるために設けられる下部構造の総称である。

基礎の種類は、直接基礎、杭基礎(くいぎそ)等に大別される。

直接基礎には、独立基礎、布基礎、べた基礎等がある。

独立基礎は1本の柱の下に単一で設けられている基礎(コンクリートが普及する以前の旧家の場合、柱ごとに大きい石の基礎が設けられていた)、布基礎は壁下などに用いられる壁の長さ方向に同じ断面幅で連続している基礎である。

また、べた基礎は建築物の底面全体を1枚続きの板状の基礎板とする形式の基礎である。

杭基礎はその支持機能により、支持杭と摩擦杭に分けられる。

(杭基礎と同義。)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

text by