企業保証

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

住宅ローンの場合、金融機関では、債券保全のため融資対象物件に対する抵当権の設定以外に、連帯保証人を立てるよう求めるのが一般的である。
提携ローンの場合、その提携企業が、連帯保証人(企業保証)になっている融資方式がある。
提携会社の企業保証により融資する方式として、①その会社の従業員に対してするものと、②建築・不動産業者等が自社の物件の購入者に対してするものとがある。
企業保証による住宅ローンの仕組みについては次の2つの方法がある。
a.企業の包括保証のみに依存する方法、b.企業の包括保証に加えて、金融機関が融資対象物件に抵当権を設定する方法。
(住宅ローンと同義。)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

text by