元利均等返済方式

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

融資金の返済方法として、毎回の返済額(元金返済部分と支払利息部分との合計額)が一定となるように計算される返済方法である。

元金の返済は、返済の都度、前回支払日の翌日からその支払日までの利息を計算し、その利息額を返済額(一定)から控除した額をその回の返済元金として充当する。

この返済方式では、返済額が一定しているので、借入金の返済計画が立てやすく、また元金均等返済方式に比べて、当初の返済額が少なくて済む利点があるため、多額かつ長期にわたる住宅ローンの返済方式として一般に採用されている。

しかし、元金均等返済に比べて返済金額が多くなり、返済当初は利息部分の割合が多く、元金の返済がなかなか進まない欠点がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

text by