環境アセスメント(環境影響評価)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

大規模な事業(一定規模以上の道路、ダム、鉄道、空港の建設、土地区画整理事業等)を実施すつ前に、事業者自らが環境への営業について調査・予測・評価してその結果を公表し、必要な環境保全措置の対策を検討することをいう。

この制度は、1969年(昭和44年)にアメリカが初めて制定(国家環境政策法NEPA)し、わが国では、昭和47年に公共事業に限って導入されたのが始まりである。

その後、昭和50年代半ばまでに湾岸計画、埋立て、発電所、新幹線についての制度が別々に設けられたが、統一的な制度とするため、昭和59年「環境影響評価の実施について」の閣議決定がされた。

平成5年に「環境基本法」が制定され環境アセスメントの推進が位置づけられたことをきっかけに、その後見直しされて、平成9年6月に「環境影響評価法」が制定された。

また、地域の実情に応じた独自の条例を定めている地方公共団体もある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

text by