課税標準

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

課税計算に当たり税率を乗じて税額を求める価額をいう。

所得税の場合は所得控除後の課税所得金額をいい、法人税は企業利益を基準とし、益金から損金を控除した額である。

住民税は国税とほぼ同様の方法で課税標準を定めている。

印紙税は、別に定めた課税物件表記載の契約金額等をいい、所有権の移転登記に係る登録免許税は、権利の移転の場合の取得価額ではなく、原則として固定資産課税台帳の登録価格(抵当権の設定は債権金額)である。

その他の地方税では、不動産取得税及び固定資産税は台帳登録価格であるが、特別土地保有税は取得価額である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

text by