果実(かじつ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

元物(げんぶつ)から生じる収益をいう。

元物の一般的な利用法に従って収取される産出物、例えば木の実、動物の子や卵などを天然果実(民法88条1項)、元物の使用の対価として受ける金銭その他の物、例えば地代、家賃、利息などを法定果実(同条2項)という。

元物自体の権利関係が移動したとき、天然果実は、それが元物から分離するとき収取権を有する者(所有権者、賃借権者、地上権者等)が取得し(同法89条1項)、法定果実は基礎となる権利の存続期間に応じて日割計算により分配される(同条2項)。

ただし、売買で物の所有権が移転しても、代金の支払と引渡しが終わらない間の果実は、売主に帰属する(同法575条1項)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

text by