開発計画

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

開発行為を実施するための計画をいう。

宅地造成住宅分譲事業においては住宅地の需要予測を検討し、候補地の地勢・土質・植生・災害危険等の自然条件、地目・用地取得見込み・農業等の土地利用状況、都市計画・宅地造成規制等

の公的制限、道路・河川・上下水道・交通機関・学校・病院等公益利便施設の現況と将来計画、文化財等を調査し、土工量バランスを勘案して開発規模と区域境界を定める。

用地費・工事費・一般管理費・金利の合計を有効宅地面積で除した宅地単価を基に事業収支をとる。

販売方法・人口計画・土地利用計画・アプローチ・供給処理施設計画・環境アセスメント等を吟味調査の上、開発手法と事業スケジュールを決め開発目標を設定することである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

text by