永小作権(えいこさくけん)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

永小作人が、小作料を払って他人の土地を耕作又は牧畜に利用できる権利をいう(民法270条)。

永小作人と土地所有者との契約によって設定されるが、今日では賃貸借によるものが多い。

永小作権は物権であるから第三者に対抗するためには登記を要する。

存続期間は20年以上50年以下とし、50年より長いものは50年に短縮されるが、更新することもできる(同法278条)。

永小作人は永小作権を他に譲渡し又は土地を賃貸することもできる(同法272条)が、農地又は採草放牧地については、農業委員会又は知事の許可を要する(農地法3条)。

小作料については賃貸借の規定が準用される(民法273条)が、農地等にあっては、特別の定めがある(農地法21条以下)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

text by