内法(うちのり)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

一般には厚みのある容器等の内側の寸法をいうが、不動産取引においては壁や柱の内側で計測した床面積を指す。

建物登記簿に記載される床面積は内法によるが、建築確認等登記簿以外の床面積は壁や柱の中心(壁芯=へきしん)により測定されるため、同一物件に2通りの床面積が存在し誤認しやすい。

分譲マンションの場合、建築図面や販売資料に記載される専有床面積は壁芯によるが、税務やローンの面積要件などは登記簿記載面積である内法で判断されるため、注意が必要となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

text by