アンボンド工法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

鉄筋コンクリート造等ラーメン構造の建物においては、床のひび割れや振動を防ぐために梁(小梁)を入れて補強するのが一般的だが、直天井の場合には下階の天井に梁が露出することになる。

それを回避するために床スラブにピアノ線状の鋼材を入れて両側から引っ張り、床のたわみを防ぐ工法。

天井に梁が出ないことで美観や間取り変更等の使い勝手が向上する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

text by