アティック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

屋根裏部屋。

英語では内装した屋根裏部屋のことをいい、ロフト(英)やグルニエ(仏)とほぼ同義。

勾配屋根と天井の間のスペースで、子供部屋や書斎、物置のような使用方法が一般的。

日本の建築基準法では「小屋裏物置等の内法高さは1.4m以下」と制限されており、これを超えるものは1階分(例:2階建て+屋根裏ではなく3階建て)とみなされる。

竣工検査後に違法改造されて造られるケースもあるので遵法性に注意が必要。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

text by