【必見】マンション売却時に高く売る為のノウハウとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

contents-34-1

昨今、中古マンション市場は、新築物件価格が低くなっているため、売却時に高い値段で販売を開始すると反響が無いなどと言われていますが、誰もが1円でも高く売りたいと言った気持ちは高いものです。

 

自分の状況に合わせて、有効的な媒介契約を結ぶ

不動産会社は媒介を手掛ける会社で、売り主と買い主の間に入る仲介業者であり、仲介を依頼する場合には媒介契約を交わすことになります。

 

・媒介契約について

この媒介契約には複数の不動産会社と契約を交わすことが可能な一般媒介契約、契約を交わせるのは1社のみになる、専任媒介契約や専属専任媒介契約が在ります。

・媒介契約について詳しくはコチラ

これらの契約の中でどれが一番良いのかと言う事は一概に言えませんが、親身になってくれる不動産会社と自分にとって最も良い媒介契約を交わすことが大切です。

 

物件を探す人が求めているコトを考える!

最近ではインターネットを利用して物件検索が出来るため、自宅や外出時に中古マンションを検索し、気になる物件が見つかったら不動産会社に連絡をして見学をさせて貰えると言った便利な仕組みになっていますが、物件を探す人は複数の物件を比較するため、希望物件が見つかるまで探し続けるケースも多く在ります。

物件を探す人が求める事は価格、周辺環境、間取り、築年数、日当たり、設備、専有面積、階数など様々な諸条件が在りますが、全ての諸条件を満足出来る物件と言うのはそれほど多くは在りません。

 

・リフォームも視野に

築年数が経過することで部屋の中は劣化などが生じてしまい、このままでは売れないのではないかといった心配もあります。

最近はリノベーションリフォームを行う事で新築と同等、もしくはそれ以上の価値を持つ部屋に変えることが出来るリフォームを行う人も増えており、築年数が経過しているからと言って売れないわけではありません。

contents-34-2

・おすすめのリフォーム業者「Daiki Planning」詳しくはコチラ

 

内見ではニーズに合わせた物件アピールを!

不動産売却はあくまでも、物件を求める人のニーズに合うか否かによると言う事になります。

ファミリー向けの物件では日当たりを重視されるケースが多く在ります。

物件を見学される人と言うのは、大半が日中部屋に訪れて見学をすることになるため、カーテンを開けて外からの光を部屋の中に取り入れてあげること、そしてお勧めとなるのは部屋の照明を全て点けておいて、部屋の中が明るい事をアピールしてあげる事です。

contents-34-3

また、光をより多く取り入れるためにも、窓ガラスは綺麗にしておくこと、水回りなどの水垢などは綺麗に落としてあげるなど、部屋の中を綺麗にしてあげる事で売却時の価格をアップさせることが出来ます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

text by

【必見】マンション売却時に高く売る為のノウハウとは?” へのコメントが 2 点あります

  1. ピンバック: 必見!不動産を買取で売却をする場合の損をしないコツ | TOUSHIROU

  2. ピンバック: 必見!不動産を買取で売却する場合の損をしないコツ | TOUSHIROU